鍼灸 自賠責保険の使い方

整骨院での自賠責保険は取り扱いは特に難しいこともなく保険会社からも許可がとり易いですが、鍼灸治療をしたいと思って鍼灸院に行くと伝えると保険会社から拒まれることがあります。
これは、鍼灸治療が慢性疾患の治療を連想させ治療が長期化することを想像してしまうからと書いてあるところもありますが現状は不明です。

では、実際どのようにすれば自賠責保険が使えるかをお伝えします。

ひとつは保険会社の許可を取らず鍼灸治療を始める。
厳密にドクターの診断や指示は必要ないとありますがやはり患者様のことを考えるとドクターの診断はしてもらったほうが仮に後遺症が残った場合や何か不利に働く症状がでた場合は診断権があるかないかでかわってきますので必要だと考えます。
そして、保険会社から許可を取ってないのでそのまま治療をしてもかかったお金の支払いが滞ったり、許可を取らなかったなどの揉め事が起こると思います。
これは、保険会社、患者様、治療院のすべてにいいことがないのでやはり事前に許可を取っておいたほうがいいと思います。


もうひとつは、医師による鍼灸治療の許可を快諾してもらうことです。
内科や皮膚科など整形外科とはあまり関係のないところであれば通常の鍼灸治療に対する保険適用は比較的容易だと思います。
しかし、自賠責になると整形外科の判断が必要だと保険会社は教えてくれます。
整形外科は鍼灸治療に対し懐疑的であったり鍼灸治療自体なにをやっているかよくわからない、やっても治らないなど色々な理由で信用がないので鍼灸治療に対し許可はほとんどされないのが実態です。

そんな中、当院は普段から画像診断が必要な時助けていただいたり、患者様からの相談に応じて病院をご紹介させて頂いてるうちに信頼関係を築ける整形外科ができました。
なので、当院からご紹介する病院にいけば鍼灸治療に対して許可をとることが通常の鍼灸院に比べ可能性は高いと思います。


実際に自賠責保険で鍼灸治療をする手順としては

①保険会社に鍼灸治療をしたいと伝えます。そうすると許可を取れる病院が必要とか、治療費でかかる金額の問題や様々なネガティブな要素を伝えてくる担当者もいれば、医師の同意が必要ですと難しいことを言わず必要なことだけ伝えてもらえる担当者もいると思います。

②当院に連絡し、自賠責で鍼灸治療をしたいことを伝えてもらいます。そうしたら当院から指定の整形外科にご紹介します。

③指定の整形外科に行ってもらい、許可を取ります。この時必ず医師に伝えてほしいことはご自身が事故にあってから痛む所全部です。
すべて伝えないで例えば、首と背中と肩が痛いのに首と肩だけだとのちのちやっぱり背中も痛いですと言われても初回の診断のあとなので、背中の分の治療費がでない場合があったり、事故のせいと認められないことがあるからです。必ず痛いところは細かく全て言いましょう。

ここで、許可が取れれば保険会社に連絡し、当院の連絡先を伝えてください。何事もなければこれで手順は終了です。
最後に当院への予約は忘れないでください。突然の来院だとお待ちいただく場合がございます。