頭痛、偏頭痛

頭痛、偏頭痛の治療で鍼の適応は脳に異常がなく筋の問題があるものです。

頭痛以外以下の症状がある場合、先に脳を検査できる病院にて診察してもらったほうがいいと思います。

・バットで殴られたような痛み
・力があるがうまく立てなかったり、ふらつく、歩けないなど。
・言葉がでない、呂律が回らない、人の言っていることがわからない。
・片側の手足や顔が痺れる、片側の目が見えずらい、物が二重に見える、視野が欠けている。

このような症状がない、筋緊張性頭痛や偏頭痛、群発性頭痛などは治療の対象となります。

筋緊張性頭痛は首が凝っていることにより、血管が首の筋肉に圧迫されて血流が悪くなっている状態です。
また、首の筋肉を使った後に起きやすく、午後から夜にかけて頭痛が発症しやすいです。
特にパソコン、書き仕事、料理などで下を向いて作業をしていた後に起きることが多いです。
理由は筋緊張性頭痛の人は首が凝っていて血流が悪くなっているので、下を向いて首の筋肉を収縮させ続けているとますます血流が悪くなるからです。もともと首が凝っていて血流が悪い上に、さらに下を向いて首の筋肉を収縮させ血流を滞らせるのですから、頭の表面や脳に血液が行き届かず頭痛が起きてしまいます。


偏頭痛の人も筋緊張性頭痛と同じで首の筋肉の凝りが原因です。偏頭痛は血管が異常に拡張したときに起こる頭痛です。しかし、血管が異常に拡張するには、血管が拡張する前に血管が異常に収縮していないと起きません。普段血管が異常に収縮している人が、何らかの原因で血流が良くなったとき、血管は異常に拡張し、ガンガンと頭痛が起きるのです。
血管を拡張させる要因として、血流の良くなる食べ物を食べた後や、急に気温の高いところにいった時、太陽の光を浴びたときなどいろいろあります。しかし、これらの要因は根本的な頭痛の原因ではありません。血管が拡張することは誰にでも起きる現象だからです。血管が異常に拡張してしまうということが問題なのです。

上記のように分類を分けましたがどちらも首の筋肉が原因なので両方発症する方もいれば、どちらかだけという方もいます。

凝っている首は筋肉が硬くなっているので、筋肉内を走行する血が流れにくくなっています。この首の血流が悪くなりすぎると筋緊張性頭痛が起きます。筋緊張性頭痛が起きているときは首の血流が極端に少なくなっている状態です。

筋緊張性頭痛の原因は首の血流が極端に少なくなっていること、偏頭痛の原因は首の血流が極端に悪くなっていることによる血管の異常な拡張ですので首の血流を改善すれば解決します。

北京堂は、痛みは、筋肉が神経を圧迫することによって痛みが出ている、と考えているので、神経の走行に基づき、どの頭痛が起きているかを考えます。

頭には大後頭神経、小後頭神経、耳介神経、三叉神経などが走っています。

大後頭神経は、後頭部から頭の後ろを通り頭のてっぺんの辺りまで行っています。頭の後ろ(枕が当たる部分)や頭のてっぺんが痛むという人は、ツボでいう天柱あたりの筋肉を特に緩めます。

小後頭神経は、後頭部のやや外側で耳の後ろの辺りを走っています。後頭部(首と頭蓋骨の境目辺り)が痛む人はツボでいう風池あたりの筋肉を特に緩めます。

耳介神経は、耳の周りで、耳たぶのすぐ後ろ辺りから耳の上の辺りを走っています。この神経は側頭筋(こめかみ)のほうに向かって走っているので、耳介神経が圧迫されると、こめかみや目の辺りに痛みが出ます。こめかみや目の辺りが痛む人は、ツボでいう完骨のあたりと、側頭筋(こめかみ)や外側翼突筋(顎の筋肉)に鍼を刺して筋肉を緩めます。

三叉神経は頬骨の上から始まり、側頭筋(こめかみ)を通り、目に行き、そのあと目の上に上って走っています。三叉神経の痛みが出ている人は、顎やこめかみ、目の奥、額、頭の前側に痛みが出ます。下関というツボは三叉神経の痛みが出ている人には必須のツボです。首を緩めてもまだ目の奥の痛みが治らないという人は、外側翼突筋、内側翼突筋、側頭筋に鍼を打って筋肉を緩めれば治ります。まれに虫歯があって頭痛がある人がいますが、その場合は虫歯治療をきちんとしてから鍼治療をしないと治りません。

私事ですが頭痛は比較的得意とする疾患ですので、お気軽にご相談ください。