繊維筋痛症について

よくご質問頂くのでここに記載しておきます。

線維筋痛症とは
原因はいまだ分かっていません。
色々記事を調べてみると、筋肉の凝りを長年放置し続ける、精神的、肉体的に大きなダメージを負う、脳内で炎症が起こっている、脳の血流が影響している等書いてあります。
実際に来院される患者様のお話でよく聞くのが20~40代で肉体、精神の両方に多大な負担が掛かってそこから発症している事が多いです。


症状は全身の痛み、疲労感、不眠、倦怠感、頭痛、うつ症状など様々ですがどれをとっても日常生活に支障をきたすものばかりです。
特に痛みは人によっては「身体の中にガラスの破片が入っている感じ」、「痛みで命を絶ちそう」と訴えがとても強い事が多いです。

そしてこれも問題として大きいのが早期発見が非常に難しい事です。
病院での各種検査に引っかからないので色々な医療機関にかかり気が付けば10年経過し、ようやく見つけた病院で線維筋痛症の診断を受けるパターンがよくあります。
早期から治療を開始出来れば治ったという話も聞いたことがありますが現実にはなかなか早期発見は難しいようです。

治療法について
原因がはっきりしない為、どこでも対症療法となっていきます。
病院では痛みを軽減し、日常生活が送れるように病院では投薬や運動療法、心理療法を行ったりしています。

当院は鍼灸院なので鍼にて施術を行います。
ここでまた問題が発生するのですが病院で保険適用となるリリカカプセルや鬱疾患に処方される薬と非常に相性が悪いため飲んでも効き目が感じられないのであればドクターと相談して別の薬にする、中止するなどしたほうがいいかもしれません。
リリカには横紋筋融解という副作用がある為これが出現すると筋肉が溶けるので鍼で筋に対して刺すもその筋肉自体が少なくなっている為治療効果が悪いです。
うつの薬や神経に作用する薬も鍼の痛みを改善する効果に支障がでます。

過去に施術した方の1例を挙げると、1回目から施術の効果を感じられ回数を重ねていくうちに痛みも軽減していったそうです。
最初はほぼ家で寝たきり状態で家事はできませんでしたが、3回ほど施術をしたらその後は食事を作ったり家庭内の事が次第に出来るようになっていきました。
5回目の施術前では痛みで字が書けなかったのが書けるようにもなっていました。
当院には全部で14回ほど通院されましたが最終確認では犬の散歩ができるようになっていました。
ご家庭の事情で完治までは施術できませんでしたがしっかりとした手応えがありました。

施術費用ですが
通常4500円で行っていますが全身が痛い方がほとんどな為、2コマの8000円頂く事が多いです。
また、鍼も特注の物を使うので使用した本数に応じて追加で頂いています。
体格にもよりますが、およそ3500円前後が4回に1回かかってきます。

週1回ペースで
1回目、初診料1000円 施術代8000円 特注鍼代3500円
2~4回目は鍼の追加がなければ8000円です。
5回目は8000+3500円程度
大体この繰り返しです。状態が良くなってきて鍼が通常のものでも良くなったら特注鍼代はかかりません。

仕事など社会復帰には年単位がかかると言われていますがその人の回復具合で変化してゆきます。

もし、来院されたら一緒に頑張りましょう。