腱鞘炎の治療例 症状

腱鞘炎の治療例 症状

腱鞘炎

腱鞘炎の鍼

腱鞘炎は鍼の適応疾患です。


腱鞘炎とは?


腱と腱鞘の間で炎症が起こっている事を腱鞘炎といいます。
症状を悪化させると「ばね指」と言われるものになったりテニス肘、バックハンドテニス肘(肘の内側や外側が痛い)になったりします。

 


(主な症状)


親指の付け根~手首のほうまで痛みがあったり、物を掴もうと力を入れると痛かったり、指を使うと痛む。

 


(どのような病気ですか?)


指や手の使いすぎによるものが一般的で、女の方は産後や思春期などでホルモンバランスが変わったとき腱鞘を攻撃する信号がだされ発症することもあります。その他、手首に負荷がかかる時間が長かったり、SEなどキーボード操作をする方、細かい作業をする方などがなりやすいです。


症状をこじらせると、炎症のせいで鞘も腱も厚く、大きくなるためさらに摩擦が増え痛みが強くなります。

 

(治療法)

 


鍼では主に前腕と呼ばれる肘から下の筋を緩め、筋緊張の緩和と血流の改善をします。写真では内側を施術してないですが必要に応じてやります。これはテニス肘でも似たような施術になります。その他、サポーターやテーピングで日常的に補助したり、使う前と後にストレッチなどすることも大事になります。